ソーシャルネットワーキング
くるまたしい-司馬遼太郎、プリンス殿下PRINCE、日本を憂う 2010年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花神(上)

花神〈上〉 (新潮文庫)タイトル :花神 (上)・(中)・(下)の3冊構成
時代 :幕末~明治初期
主人公 :村田蔵六(大村益次郎)

出身 :長州藩

幕末の騒乱の中、緒方洪庵塾で蘭学を学んだ長州の人「大村益次郎(村田蔵六)」の生涯を綴った俊作。


今回からタイトル、時代、主人公、そして出身をわかるようにしました。
過去の紹介タイトルも徐々に変更する予定です。

勝てば官軍。
その官軍を指揮した人がこの大村益次郎。

幕末関連の司馬作品には同じエピソード・人物があちこちに登場しますが、この人物もたびたび出てきて気にはなってました。
で、タイトルからはその本とわかりませんでしたが、たまたま手に取ったら、この人かと。
蔵六に指揮を任せた桂小五郎(木戸孝允)に脱帽。

あらすじ↓

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

PRINCE
アマゾンランキング
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。