くるまたしい-司馬遼太郎、プリンス殿下PRINCE、日本を憂う 北斗の人

北斗の人

”それ剣は瞬息 心気力の一致”
幕末坂本龍馬に代表される多くの志士を創出した千葉道場。
うん確かに「竜馬が行く」に江戸で龍馬が修行する道場がそうでした。
この本は、そんな幕末の”尊皇攘夷の総本山”として栄える主人公の晩年は略歴程度に”凡人でも一流たりうる”剣術教授法を編み出した千葉周作の前半生を描いた俊作!
幕末に登場する人物達はすべてが光を持っているように思います。

司馬曰く「日本人は危機を感じないと人物が登場しない・変化を好まないのでは?」
私も同感で、現状に耐える民族性、それに加え自分さえよければ何をしてもいいという昨今の意識が変わるのは、他国から侵略を受ける時かなと。
今の弱々外交は幕末の幕府みたいでじわじわやられてても国民はぎりぎりまでがんばりそうでいやだなー(*_*)?


スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

PRINCE
アマゾンランキング
楽天