ソーシャルネットワーキング
くるまたしい-司馬遼太郎、プリンス殿下PRINCE、日本を憂う ビルボード年間シングル・チャートTOP100(1984)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルボード年間シングル・チャートTOP100(1984)

1983年に引き続き、1984年のビルボード年間シングル・チャートTOP100をまとめたCDを頂きました。
あいかわらずMP3バージョンです。

今回は1位がPURPLE RAINでブレイクしたプリンス殿下の"WHEN DOVES CRY"が年間一位、
1982,1983年と少しづつ知ってる曲が増えてきました。
今回はどうか?

 曲名と曲が一致聞いたら知ってる  知らない   合計 
202060100
20%20%60%100%


1983年から1年経った分、曲名と曲が一致する12曲→20曲、聴いたら知ってる19曲→20曲と知ってる曲が一気に20曲まで増加!聞いたら知ってる曲は大きな変化もなく少しづつ増えてきてます。

やはりPRINCE殿下をはじめ、マイコー、マドンナ、カルチャークラブなどBIGNAMEがチャートをにぎわしているのでおのずと曲名と曲が一致します。

そして、プリンス殿下の2曲(When Doves Cry、Let's Go Crazy)と第30位のThe Glamourous Life(Sheila E)がうれしいチャートでもあります。



勝手なコメントの前に第92位のDancing In The Streets(がどうがんばっても1999(PRINCE)に聞こえるのでぜひ感想が聞きたい。確かにFootlooseの映画中にかかってた。
にしては、アンドレ・シモーンと組むジョディ・ワトリーを出したこのグループが殿下とかかわりがないけど曲似てないかい?

そしてコメントは、
第1位 When Doves Cry(Prince)
No.1という偉業はやはりすばらしい。

第2位 What's Love Got To Do With It(Tina Turner)
意外と曲名が一致しませんでした。

第3位 Say Say Say(Paul McCartney & Michael Jackson)
ビデオクリップはよく見ました。

第4位 FootLoose(Kenny Loggins)
イントロのギター練習したなー

第5位 Against All Odds(Phil Collins)
初めての出会いはINVISIBLE TOUCH(ジェネシス)でした。

第6位 Jump(Van Halen)
5150で初めて出会ったVAN HALENにはディビッドが既にいなかった。
ちなみにメタル布教活動賛成です。


第7位 Hello(Lionel Richie)
知りません。いや聞いたことないっす。

第8位 Owner Of A Lonely Heart(Yes)
イエスとの出会いはこの曲。プログレって一体…ってことで、初期の頃のアルバム聞きまくった。

第9位 Ghost Busters(Ray Parker Jr.)
この曲を知らない人は、80’sを語れないでしょう。そして、第77位にもチャートインしてますが、そちらは全く知りません。

第10位 Karma Chameleon(Culture Club)
カルチャークラブと言えば、この曲ですね。その頃、純だったんで、カマって知りませんでした。

第11位から知らない曲が増えて

第21位 Let's Go Crazy(Prince)
殿下です。以外と低いランキングだったんですね。

第28位 99 Luftballons(nena)
邦題「ロックバルーンは99」2002のリメイクで人気が出たらしいですが、楽しさにかける。
なのでか、2009に初期のロックバージョンに近い形で再リメイク?されてました。


第30位 The Glamourous Life(Sheila E)
殿下です。

第39位 UpTown Girl(Billy Joel)
ダイコクドラックのテーマ曲ですね。

第62位 Love Somebody(Rick Springfield)
初めての出会いは、ROCK OF LIFE(1988)でした。





スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

PRINCE
アマゾンランキング
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。