ソーシャルネットワーキング
くるまたしい-司馬遼太郎、プリンス殿下PRINCE、日本を憂う 翔ぶが如く(一)

翔ぶが如く(一)

翔ぶが如く〈1〉 (文春文庫)
タイトル :跳ぶが如く(一)
時代   :明治6年~
主人公  :西郷隆盛 他
出身   :東京

ドラマチックな明治維新後の日本を描く。
高校で日本史を取らなかったので中学校レベルの歴史しか知らないけど、あの授業はなんだったんだ?
特に近代は時間がないので最低限の内容だけ押さえて受験に向かった記憶が強い。
そして受験問題には近代史はほとんどでなかった。

大昔の年号よりもっと必要な教育あるやろと改めて感じさせる近代日本史。
中学教育・高校受験は今どうなっているんだろうか。

明治6年6月頃の日本は維新後の政府関係者が外遊している間、留守内閣では西郷隆盛を中心とした征韓論派と非征韓論派が衝突していた。
三条実美は心を痛める中、いち早く外遊から帰った大久保利通は「休養」を、同じく木戸孝允も「休養」を理由に征韓論を静観する。
すべては岩倉具視(500円札やん)をはじめとする外遊組が帰るのを待つことになる。
そんな中、大久保の心配は、全国300万人もの士族が乱を起こすこと。そして、祭り上げられる可能性がある西郷隆盛の動向だった。
薩摩藩で、警察制度を作る川路利良は大久保への報告のため、その「乱」を起こすかどうかを確かめるため西郷に会いにいく。
故島津斉彬に愛された西郷と会った後、考えがまとまらない川路は嫁に西郷へのいちばんふさわしい文字を問うと「悲」と答える
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

PRINCE
アマゾンランキング
楽天