くるまたしい-司馬遼太郎、プリンス殿下PRINCE、日本を憂う 今(もこれからも)お勧めのパソコン

今(もこれからも)お勧めのパソコン

WindowsXPが今年4月9日でマイクロソフトのサポートが終わると盛んに宣伝されています。

ちょうど消費税が上がることもあり、家電量販店のパソコンコーナーに行ってもいつもより人がいるように感じる。

家庭でパソコン利用するシーン・用途を考えてみる。


1.ネットサーフィン(それもタブレット、スマホで見れないとか文字いっぱい打つ必要がある場合、またはそれらを持っていない)

2.年賀状(1年に一度)

3.写真管理・編集

4.CD/DVDの作成(こんなことしなくなって来たけど)

5.文書作成とか表管理

6.ビデオ編集

あかん。それ以上の用途は別にしよう。


6のビデオ編集をしない限り、普通に6~8万円程度で売られているオフィスが入った汎用機種で必要十分。

CD/DVDといったメディアを使わないのであれば、軽いし移動が本当に楽なウルトラブックといわれるPCで十分。
(実際自分で体感している。外付けドライブを当初購入する予定だったが、2ヶ月ほど経ってもいらない。)

よって普段利用しないのであれば、外付を利用するというので十分だと思う。

(必要になれば、アマゾンで4,000円ほどでCD/DVD書込・読込ドライブが購入できる)



とにかく、今モデルチェンジ前らしく在庫処分で販売されているようなのだが、日本メーカで残っているのは10万円を超えるようなオールインワンの高級機種だらけ。

あえていうなら、絶対いらない負荷(付加ではなく)価値が付いたパソコンがいっぱい。

くれぐれも、店員さんに薦められるまま高級なパソコンを買わないことが重要かな。
スポンサーサイト

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

PRINCE
アマゾンランキング
楽天