くるまたしい-司馬遼太郎、プリンス殿下PRINCE、日本を憂う 大学受験科目(社会)はいらないんじゃないの?

大学受験科目(社会)はいらないんじゃないの?

数年前から「日本史」の歴史教科書問題がずっと続いている。

それはそれとして、高校生で選択する社会に関して、ずっと頭の片隅に残っていたことをつらつらと。

高校に入ると、「社会」の選択をせまられる。

「日本史」「世界史」「倫理・政経」「地理」「現社」。

通っていた学校は、「日本史」「世界史」「倫理・政経」の3つだった。

後の2つは選択肢になかった記憶がある。(なぜ無いの?)

今回自分自身が経験したことに限られるので間違いがあるかもしれないが、自分自身「社会」が必要だったのはセンター試験だけだった。

今から考えても(センター試験廃止議論を無視すると)、

受験のための社会は、センター試験向けには「倫理」または「政治・経済」であると。

「日本史」「世界史」はいらない。とはっきり言える。

なぜなら、覚えることが少ないから。

詰め込み式の試験ならなおさら覚えることが少ない方がいい。(日本史が好きとか世界史が好きというのは別)

なぜ今更?というのは、最近の学生から「社会」の選択科目の話をヒアリングしたから。

そして驚愕だったのは、通っている高校によって、選択できる科目が決まってくるらしい!

なぜなら、教える教師がいないから。なるほど!

その学生は、「日本史」か「世界史」しか選択しかなかったらしい。

まじか!?

そんなんで公平な受験社会が構築できてるの???

授業はあるけど、試験科目としていらないんじゃないか。

【蛇足】ツワモノがいて、自分で「倫理・政経」の教科書を勉強して、試験はそちらを受けるという切れるやつがいるらしい。

スポンサーサイト

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

PRINCE
アマゾンランキング
楽天