ソーシャルネットワーキング
くるまたしい-司馬遼太郎、プリンス殿下PRINCE、日本を憂う Acer TravelMateのキーボードを分解

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Acer TravelMateのキーボードを分解

AcerのTrableMate、いや間違いTravelMateのキーボードがおかしい。

なぜか、キーボードが押せない部分(上1行目Fキー、2行目数字キー、3行目のIあたり。

キーを押しても、普通のキーとタッチが違う。

修理はお金もかかるし、送付して修理して返ってくるまで時間もかかる。

いつものDIYで。

キーボードの分解方法の備忘録もかねて記録。

TravelMate-1.jpg

赤○の部分の爪をマイナスドライバーなどで押すと少しづつキーボードが浮いてくる。

両側の青○は引っかかってるが、最後に引っかかりをはずすとき、キーボードは薄いアルミ?製っぽく少し歪むのは覚悟。

拡大した爪部分↓
TravelMate-2.jpg

無事外れた。
TravelMate-3.jpg

分解したところで直るわけではないが、キーボードの裏に型番が記載されているので、P/N番号で部品を取り寄せるしかないな。
TravelMate-PN.jpg
スポンサーサイト

テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

PRINCE
アマゾンランキング
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。