ソーシャルネットワーキング
くるまたしい-司馬遼太郎、プリンス殿下PRINCE、日本を憂う ブレードランナーを見た感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレードランナーを見た感想

GoogleのOS「Android」を搭載したスマートフォンNEXUSシリーズ。

初代NEXUSが発売される時、かなり話題になった作品「ブレードランナー」を遅まきながら見た。

今見るとインパクトのある作品と個人的に感じなかったのですが、キーワードは魅力的です。
※かなり前にテレビで放送されたものを見たことがありました。

アンドロイドの製品名が「NEXUS6」。

Googleもかなりの金額を支払ったのではないでしょうか。

そして、「強力わかもと」

ここからは、ネタバレ含む。

人間に反乱するレプリカント(アンドロイド)を「処刑」するのが、ブレードランナー。

導入部に期待させる内容とは裏腹に、ハリソンフォード扮するブレードランナーがこれまた弱い弱い。

ハリソンフォードの動きが鈍い鈍い。

今見るにはシンドイ作品でしたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PRINCE
アマゾンランキング
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。