ソーシャルネットワーキング
くるまたしい-司馬遼太郎、プリンス殿下PRINCE、日本を憂う 健康をカタカナにすると金になる拳

健康をカタカナにすると金になる拳

”健康”という言葉には魔力が存在するって話。

太古から長寿を全うするには、”健康”が第1と言われています。

その”健康”には錬金術が存在します。

まず、錬金術というと言葉が悪いので、金儲けのためのマーケティングという便利な言葉(これもカタカナ)に変換します。

さて、”健康食品”というと、昭和の時代からどこの誰か分からないけど「講習会」なるものが近所で開催され法外な”健康食品”なるものを買わされるものになってしまいます。

※この手の商売が未だに堂々と街中で見られる日本って平和。

そこで、金儲けマーケティング担当者は考えます。

「単に「健康」という言葉では駄目だ。【カタカナ】にしよう!」

ということで↓

1.ヘルシー

私見ですがヘルシーを謳う食品は”健康”に無関係。

「ヘルシー」の定義がないので、そこが付け目です。

テレビのコメント見ていたら、料理系は野菜が入っているだけで「ヘルシー」言うてます。

余りに多くの「ヘルシー」が溢れています。

いかに「ヘルシー」という言葉に魔力があるのか、自身で確認を。


2.コレステロール

昨年食品からのコレステロールは、実際の血液検査などのコレステロール値とは関係ないということが日本動脈硬化学会で発表され、それまで食品会社が強調してきた健康がいかにエセ情報だったのか証明されました。

ちなみに対抗馬は、「日本脂質栄養学会」です。

HPを確認を。

さて、スーパーの食品コーナー飲料コーナーには「カタカナ」が溢れています。

私見ですが、キャノーラ油は体に良くないと洗脳されています。

少し前には、サラダ油って何だ!?って何から作られてるかわからないけれど、「サラダ油」なるものが溢れてました。

安い=なんか理由がある。と考えるべきですね。

パッケージには、盛んに「コレステロールゼロ」謳ってます。

他にも色々ありますので、自身で確認を。


3.オフ・ゼロ

言わずとしれた飲料を中心に、オフ・ゼロに使われている「カタカナ」

その正体は、人工甘味料。

調べて初めて知ったのが、「ステビア」が人工甘味料だったなんて!!

ポカリスウェットの商品名で「ステビア」ってありました。

オフ・ゼロに含まれる代表は、アスパルテーム、アセスルファムK(カリウム)またはスクラロース。

カタカナ×カタカナは完全にNGです。(私見)

日本の企業は真面目なので、原材料に記載されていることを信じるしかない。

なんと、大手海苔会社の味海苔にすら人工甘味料が入ってます。

普通に砂糖が入ってる食品探すのが難しいけど、私は砂糖が入っている食料品がほしいし食べたい。

”健康”を考えるなら、自然のものを食べるべきかと。

オフ・ゼロ記載のものがいかに多いか、自身で確認を。


4.ダイエット

最後にトリです。

1~3の総まとめ。

ヘルシー × コレステロール × オフ・ゼロ = ダイエット

すばらしい方程式です。

ダイエット食品を購入・食しても、ダイエットできません。

今日はここまで。

2 b continue...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PRINCE
アマゾンランキング
楽天